<< 路線バス乗りつぶし 千葉中央バス編 その2 | main | 路線バス乗りつぶし 神奈中バス編 その6 >>
2009.02.23 Monday

路線バス乗りつぶし 立川バス編 その3

0
    ●立川バス 羽14 羽村駅東口→箱根ヶ崎駅


     JR青梅線「羽村駅東口」からJR八高線「箱根ヶ崎駅」とを結んでいる系統には2つのルートがありますが、このうち平日朝片道2便しか運行されていないのが、この「羽14」系統です。この路線は「羽村高校前」経由とされ、運行される時間帯も登校時に合わせてあるようです。

     乗車当日はごく普通の平日で、2便あるうちの1便目となる羽村駅東口8時11分発に乗りました。ちなみに2便目はこの便の10分後にあり、その2便をもってその日の「羽14」系統の運行は終了となります。
     この日の車両は瑞穂営業所の中型ロングで日野HRのOEM車、いすゞエルガJでした。あまり見かけないレア車と言えるでしょう。
     
     すでに乗り場ではこれから乗車する「羽14」系統のバスが客扱い中で、すでに座席はかなり埋まっていました。やはり乗客は高校生が主でしたが、それ以外にも一般の通勤客も混ざっており、発車時点では私を含め18名乗っていました。ただ、通学を当て込んだ路線として考えると、少々寂しい状況と思いますが、これも少子化の影響なのかもしれません。

     発車すると、まず駅前を出て羽村駅東口交差点を右折。そしてすぐ先の神明台一丁目交差点を都道・羽村瑞穂線(羽村街道)へ左折し、この道をしばらく直進します。
     この「羽14」系統は特に急行便という設定ではないものの、スクール便的要素が強いためか、途中にある「五ノ神」「羽村台下」「神明台三丁目」の3か所のバス停は通過扱いとなっており、車内放送や、行先表示器でもそのような案内があります。
     そして最初の停車バス停となる「富士見平二丁目」で1名が下車。羽村動物公園東交差点を過ぎると経由地である「羽村高校前」で、ここで12名下車、もちろんほとんどが通学利用でした。

     新羽村街道交差点で国道16号線を横切り、「滑走路下」バス停でも2名が降りていきました。「滑走路下」という停留所名から連想すると、横田基地の敷地ギリギリの場所にありそうな印象を受けますが、このバス停の周囲はごく普通の住宅地で、滑走路の下という雰囲気の場所ではありませんでした。停留所名の付け方に名案がなかったのでしょうか。

     新青梅街道とぶつかる手前を右折して路地裏のような道へ入り、「みずほエコパーク」というドッグランもある公園の角を左折。右手に米軍横田基地の広大な敷地が現れ、その先をさらに進むと人家などが急になくなり、怪しい雰囲気の茂みに入り、その中に突如踏切があります。これが八高線の線路で、ちょうど列車通過のタイミングに当たり、しばらく電車の通過を待ちました。

     そして、加藤塚交差点で新青梅街道と交差すると間もなく終点「箱根ヶ崎駅」に着きます。ここまで所要時間は17分、運賃は240円で、ここまでは私を含め2名が乗っていました。


    運行形態:A+E、路線図掲載:◯、乗車難易度:★★☆☆


    ●立川バス 羽13 箱根ヶ崎駅→羽村駅東口


     2つめにご紹介するのは前述の「羽14」系統に対して逆ルートに相当する路線ですが、経路の半分が「羽14」系統とは異なり、系統番号も異なっているため、ここでは別路線として扱います。

     「羽13」系統は羽村駅方向のみ平日1便だけが運行されるもので、「羽14」系統と同様に「羽村高校前」を経由地名としています。

     乗車したのは「羽14」系統とは別の平日で、訪問したのはこちらの方が先でした。当日は飯能周辺の西武バスに乗車したあと、JR八高線で移動、始発地である「箱根ヶ崎駅」にやってきました。
      
     やってきたバスは中型ロングのいすゞエルガJで、ここから乗車したのは私一人だけでした。
     15時47分、定刻通り発車します。
     発車すると途中「羽村高校前」までは「羽14」系統の経路をそのまま逆行し、八高線の踏切や、横田基地の脇を走る点も同様です。

    ↓八高線踏切の前後区間は、ひと気の無い怪しい風景

     そして、「羽村高校前」では1名が乗車しましたが、当日はごく普通の平日でしたが、乗ってきたのは明らかに学生ではない女性の方でした。
     「富士見平二丁目」バス停を過ぎたところで右折して、羽村街道から離れ狭隘路に入りますが、これ以降は「羽14」系統とは異なる別ルートとなります。
     「東台」バス停のすぐ脇には都営羽村団地があり、「羽17/12-1・羽村駅東口〜長岡循環・箱根ヶ崎駅」線もここを通っています。ちょうど私が乗っているバスの直前を「長岡循環」のエアロスターが走っており、それに続いて進みますが、その先の水道道路とぶつかる丁字路で前車は右、こちらは左に分かれます。

    ↓狭い区間ですが、反対方向からの便も通ります。

     また、これ以降「羽村駅」まで「羽13」系統の単独ルートとなります。そして、日野自動車羽村工場の前を通り、当線にも「日野自動車正門」バス停がありますが、ここを通る路線はこの「羽13」系統1便だけで、工場では自前で送迎バスを運行していることもあって、路線バスを利用する向きはないようです。

    ↓「羽13」系統単独経路となっている日野自動車付近

     そして、富士見小西交差点を左折すると間もなく終点の「羽村駅東口」です。所要時間は15分、運賃は240円で、結局乗客は私を含め2名でした。
     ダイヤは高校の下校時間に合わせて走っているようですが、朝の登校時と違い、下校時はバラバラに学校を出るため、1便しかない路線バスではさすがに使いにくいということなのでしょうか。

    ※「羽13」系統は、2014年11月16日より「箱根ヶ崎駅西口」駅前広場完成のため、翌17日から東口→西口発に変更され、一部運行経路も変更されました(運行回数は変更なし)。

    運行形態:A+E、路線図掲載:◯、乗車難易度:★★★☆


    ●立川バス 福14 福生駅東口→羽村駅東口


     3つめにご紹介する路線も羽村駅に関連した路線で、JR青梅線「福生駅東口」からお隣の「羽村駅東口」とを結ぶ「福14」系統です。運行されるのは土休日の羽村駅方向のみ1便だけというマイナー路線です。

     通常ダイヤでは私にとってこの系統は乗ることが困難な時間帯に運行していますが、当日はたまたま年末年始期間中で、カレンダー的には平日でしたが、土曜ダイヤによる運行だったため、乗車する機会を得ることができました(但しこのあと正月三が日は運休でした)。
     
     やってきたバスは中型の三菱エアロミディMK・ワンステップ車で、「福13」系統として箱根ヶ崎駅から運行してきた便が、続いて「福14」系統の運用に入るようです。
     福生駅東口の乗り場は「2番乗り場」で、この乗り場は通常週2便しか走らない「福14」系統しか使っていません。途中「団地東入口」というバス停まで「福12/13」系統とは同一経路で、その途中の主要経由地である「加美平団地」への乗客も、この「福14」系統でも利用することができるのですが、乗り場が他の系統と異なることや、わずか週2回しかないマイナー系統ということもあって、わざわざこちらのバスに乗ってくる様子もありません。ならば、いっそ乗り場をひとまとめにしてしまえば・・・・と素人考えでは思ってしまいますが、そこはやはり乗り場の権利を確保しておくという、バス会社として大事な理由もあったりするのだと思います。

     そんなわけで、結局私以外に乗客はおらず、14時05分に定刻通り発車となります。
     バスは福生駅東口交差点を左折して、しばらく青梅線沿いに進み、福生六小入口交差点を右折、続いて福生六小前交差点を左折すると「加美平団地中央」バス停を通過します。さらに加美平団地交差点を右折、続いて神明台四丁目交差点を左折して都道・福生青梅線(産業道路)を少しだけ走りますが、この区間が「福14」系統の単独経路であり、土休日にしか路線バスの通らないマイナー区間ということになります。車窓はあいにく特徴的なものはなく、乗りつぶしの目的以外に利用するキッカケもなかなか無いかもしれません。

     そして、羽村街道交差点を左折すると「羽村台下」バス停で、ここから終点までは前述の「羽14」系統の逆ルートとなりますが、当系統は途中各バス停に停車扱いとなっています。
     やはり土休日だけのマイナー系統ゆえ、途中からの乗車もなく、貸切状態のまま終点「羽村駅東口」に到着。所要時間は12分、運賃は210円でした。
     到着後は「羽17・長岡循環」線となり、「福14」系統はその運用のつなぎと路線免許確保のため走っている路線なのでした。


    運行形態:A、路線図掲載:◯、乗車難易度:★★★☆(現在は運行経路を一部変更の上、平日も運行)
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM