<< 路線バス乗りつぶし 都営バス編 その14 | main | 路線バス乗りつぶし 江ノ電バス編 その5 >>
2012.01.20 Friday

路線バス乗りつぶし 京急バス編 その5

0

    ●京浜急行バス (臨時直行) 三崎港→三崎口駅


     三崎観光の拠点である、「三崎港」から京急久里浜線「三崎口駅」までの間には、通常「須7・横須賀駅〜三崎港」線をはじめ、「三9/14・三崎口駅〜三崎港〜城ヶ島」線など複数の運行系統によって多数の便が運行されていますが、それらはいずれも各バス停に停車する普通便として運行していますが、三崎港周辺で行われる催事の際には途中ノンストップの直行便が運行されます。今回運行したのは2011年12月28日〜30日の三日間に開催された「三崎年末さかな祭り」に合わせたもので、三崎口駅行きのみ各日夕方に4便が設定されました。
     このバスの運行情報は京急バスの公式HPに掲載されましたが、それによると、周辺道路の混雑を回避するため、一部の経路を迂回して運行・・・・・という記述があったため、今回はそのルートの乗りつぶしを含め訪問してみることにしました。

     乗車当日は私自身も三崎観光を楽しむため、昼ごろには現地に到着し、まぐろ料理店で食事をしたり、水中観光船「にじいろさかな号」に乗船するなどして過ごしました。例年だとこの催しの際には多くの観光客や買い物客で賑わうとのことでしたが、この日はまだ世間一般は仕事納めに当たる日だったこともあり、往きの電車や三崎港までのバスに乗っていても、車内や道路などがそれほど混雑するような様子もなく、食事をしたまぐろ料理店での話では、いつも最終日が一番混み合うとのことでした。
     
     乗り場は通常の「三崎港」バス停の三崎口駅・横須賀駅方面と同じ「2番乗り場」からですが、そこには今回運行の臨時便に関する掲示等が見当たらなかった上、案内に当たる係員の配置もなく、ネットを見て情報を知り得た者か、偶然その場に居合わせた者だけが乗車できました。しかしその反面、バス停での掲示類がなかったために、単に「三崎口駅」行きという表示だけを見た地元の利用者が誤って乗車し、そのまま終点まで運ばれてしまうというハプニングもありました。

     恐らく当日の混雑状況では通常便の運行だけで利用者を捌けたものと思われますが、ネット等での運行告知を行ったことや、車両や乗務員手配の都合もあってバスは予定通り乗り場にやってきました。車両は大型の日野ブルーリボンシティ・ワンステップ車で、乗客は私を含め10名、乗客の大半は高齢者の方々だったので、このバスを目的として乗り込んだのは恐らく私だけだったのではないでしょうか。
     
     この直行便は案内告知では渋滞回避のために一部迂回経路を運行、ということでしたが、実際にはそれは道路の状況次第のようで、あいにく(?)当日は道路は空いていたため、期待していた迂回経路による運行ではなく、一般系統と全く同じ経路を辿ってしまったのが残念でした。

     もし渋滞が発生した場合には「三61・三崎口駅〜浜諸磯」線と、スクール専用系統の「浜諸磯〜名向小学校」線のルートを使って「天神町」バス停付近まで大回りするものと思われますが、三浦市内にはそれ以上にバスを迂回させられる経路は見当たらないので、最悪大渋滞となってしまった場合にはこの直行便に乗ったとしても大幅な遅延になる可能性があります。また、一般系統と同じ道を走るなら各停便として運行しても所要時間には大きな差はないと思いますが、道路状況によってルートを変えられるようにノンストップ扱いとしているのだろうと思われます。
     バスは途中の油壺入口交差点まで当ブログ「京急バス編その4」で乗車した「東16・油壺〜城ヶ島」線の逆のルートで、県道・横須賀三崎線(三崎街道)と、引橋交差点からは国道134号線を辿りますが、道的には終点までほぼ一本道です。
     
     油壺入口交差点では油壺方面には曲がらずにそのまま直進。このあたりから道路も混み始めましたが、過去私の経験からすればまだ流れている方で、かつて城ヶ島へ出かけた際、往きはともかく、帰りは城ヶ島から三崎口駅までほぼ全区間に亘って渋滞し、バスの利用を諦めて歩いたことがあるのですが、それでも歩いた方が早かったほどでした。今はどんなに混雑したとしても、それほどまでに渋滞することはほとんどなくなったような気がします。

     そして、二又に分かれる引橋交差点で、左方向の国道134号線の江ノ島方向に進み、人家が減って沿線にはキャベツなどの畑が広がり、左の奥の方には相模湾を望むことができます。当ブログ「京急バス編その2」で乗車した「三14・三崎口駅〜三戸海岸」線が分かれる三戸入口交差点を過ぎれば、間もなく終点の「三崎口駅」に到着となります。

     道路はほぼ順調に流れてしまい、期待していた裏ルートを辿ることができませんでしたが、後日ラジオの交通情報によれば、さかな祭りの影響で道路混雑が発生していたとのこと。きっと残り2日は一部の便で迂回経路を走っていたのかもしれません。
     ここまでの所要時間は14分、運賃は通常系統と同様の290円でした。
     

    運行形態:D、路線図掲載:×、乗車難易度:★★★★(不定期運行)
     

    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM